●天文用パワーボックス PB-32018/06/24

●PB-3とは
天文用パワーボックスPB-3は、天体観測に必要な電源電圧を3系統出力するDC-DCコンバータです。1台あると様々な天文機材に使えてとても便利です。
元電源の入力は10V~30Vまで対応なので、カーバッテーリーやキャンプ用のポータブル電源など、いろいろな電源を使用できます。
電圧の変換には最新のスイッチングICを使用し、高効率で変換するので、電源の無駄遣いが少なくなっています。
価格:12800円(税別)
ご質問などは、このページ最下部右の「コメント」からでも承ります。コメントの公開をご希望にならない場合は、その旨をお書き添えください。
●出力は3系統あります
①USB 5V出力電圧固定
日常生活でも常時必要になったUSB5Vです。容量が大きいので様々なUSB機器、USB充電、小型パソコンの電源などに適します。

②DC8.5V出力(内部ボリュームで可変) 
汎用電源です。内部ボリュームで約1V~入力電圧まで電圧調整できるので使用機器の応用範囲は広いですが、主にデジカメの電源を想定しています。
デジカメや天体カメラは高級品になるほど作動時の「突入電流」が大きいため、容量が多いだけの電源では誤動作しやすくなります。 そこで突入電流に対応する大容量コンデンサ(3300μF)を装備しました。
出荷時の電圧はデジカメの電源でもっとも多い8.5Vです。 カメラに合せて内部ボリュームで適正電圧に調整できます。 上面に電圧がデジタル表示されます。

③DC 1V~30V (外部ボリュームで可変) 
汎用電源です。外部ボリュームでOFF~1V~30Vまで調整できます。上面に電圧がデジタル表示されます。様々な電源用として使うことができますが、主に望遠鏡やカメラレンズの露除けヒーターを想定しています。

天文用に使われる露除けヒーターには、望遠鏡メーカー製、ニクロム線の自作、半田こてヒーター、USBコーヒカップ保温器、100V水道凍結防止などの代用品まで、様々な電圧用があります。 そのうえ、レンズの口径、使用個数、結線、気温、湿度によっても適する電圧が大きく異なるため、幅広い電圧調整とOFFできることが必須です。
レンズの温度が外気温よりほんの少しでも高ければ夜露は着きません。 湿度が低かったり風があれば夜露は着きません。 一晩のうちに夜露が着くかどうかの環境は大きく変わることもあります。ヒーターの種類、ヒーターの大きさ、ヒーターやレンズの保温状態、などによっても適正電圧は大きく変わります。 レンズの変形を防ぐため、必要十分な温度に設定することも肝心です。
このようなことから露除けヒーターの電源は、細かな電圧調整とOFFが必要になります。

上の図をクリックすると画像が大きくなります。

●各種ケーブルが付属します
元電源用のケーブルは、PB-3側が2ピンコネクタで片側がもっとも一般的な外形5.5mm/内径2.1mmのDCジャック(メス)です。
①USB 5V出力は、PB-3側が外形4mmのDCプラグで片側がUSBでもっとも一般的なタイプAコネクタのメスがついた短いケーブルです。
②と③の出力は、事故防止のためケーブルのPD-3側DCジャック/プラグは形状が少し異なります。②はPB-3側が外形6.5mmDCプラグで片側はバラ線。 ③はPB-3側が外形5.5mm/内径2.1mmで片側がバラ線のケーブルです。
バラ線の先は機材に合せて自己責任で作ってください。つまり①~③のジャック/プラグは、それぞれ形状の違うコネクタを使用しており、誤った接続で機器を損傷してしまうことを防止しています。

お問合せとご注文はこちらのメールフォームで下記の手順でお願いします。

●お問合せとご注文メールフォームはこちらです。
※株式会社輝星の運営する「SB工房」はこちらです。
※SB工房2018年の製品情報はこちらです。
※主宰のブログ「星爺から若人へはこちらです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tenmon.asablo.jp/blog/2018/06/19/8897758/tb